葬儀の費用を考える|【大切な人を送るために】葬儀のことについて理解を深めておこう

宗教の違いでわかる葬儀の特徴

仏教式

日本でも半分以上を占めるお葬式のスタイルです。僧侶を呼んで読経などの儀式をしてもらいます。成仏を祈ってもらえるので、遺族としても安心出来るようです。

無宗教

無宗教であれば、宗教形式にとらわれないスタイルの葬儀をあげるのが特徴的です。そのため、遺族の要望に合わせた葬儀を行うことが可能となります。

お葬式には費用がかかる

なんにおいても、費用はかかるものです。お葬式もその中の一部として同じだと言えるでしょう。そのため、しっかりとトータルの費用の確認は大切なことです。

葬儀の費用を考える

合掌

葬儀の総額について

葬儀の葬儀をトータルした金額を事前に知っておくと、内訳の設定などを決める時に参考に出来るでしょう。平均として、葬儀の総額は約200万円近くかかります。お葬式の他にも、参列者の飲食代やお寺への費用なども含まれています。

見積もりを出してもらうこと

葬儀は選ぶプランによって、全て費用が異なります。そのため、必ず見積もりを出してもらうようにしましょう。予算が決まっているのであれば、担当者と相談しながら決めていくと良いです。世田谷区にも葬儀会社はあるので、見積もりの相談からすると良いでしょう。

広告募集中